ルースタイプのファンデ

ファンデーションって、つけずにメイクする女性はまずいませんよね。私の知り合いに超ナチュラルメイクの人がいるんですけど、彼女でもファンデーションだけはつけるといいます。

なぜならファンデをつけておかないと、素肌に直接ではチークやアイラインといったポイントメイクものらないからです。どんなにナチュラル系を目指しても、ファンデは必需品ですね。

そんな彼女に勧められて、最近は私もリキッドやクリームタイプのファンデーションをパウダーだけのルースファンデにかえています。

そのほうが皮膚呼吸が妨げられなくていいんだって。ホントかどうか分からないけど。お気に入りはゲランのメテオリット ビーユです。ケースもお花モチーフで、コスメボックスにだけで女子力がアップする感じがします。

ケースを開ければパっと華やかなカラーが広がります。キレイなファンデーションだと思うんですよ。

普段は日焼け止めのうえにメテオだけつけてポイントメイクに入ります。ルースだけに着け心地は抜群に軽いし(それだけ早く落ちちゃうんですけど)、ヘンに白浮きしません。

顔色も明るくなりますしね。メテオにしてから、チークをちょっとダークカラーに落としたくらいです。つけたあとお肌に透明感が出て、ほんのりキラキラするのもいいです。

香りはフローラル系かなと思うんですが、ちょっと強いと思うので、好き嫌いが分かれるかも。